医療ガス製造・供給

医療ガス製造:メーカー機能までを含めた独自の一貫供給体制です。

より良いものを追求する気持ち。決して現状に満足しない姿勢を、星医療酸器は大切にします。
限りなく100%に近づけていく日々の努力こそ私たちの使命です。

医療用ガスを提供する者として、真に信頼されるとはどういうことか。その問いに対する私たちの答えの一つが、ディーラーでありながら製造過程にまで責任を持つこと、つまり自社生産体制の確立です。

第一歩として、星医療酸器では、1987年に東京都足立区、1994年に茨城県美野里町(現.茨城県小美玉市)、そして1995年には神奈川県綾瀬市に充填拠点を完成させ、医療用ガスに関する完全な自社体制が整いました。

現在では、関東首都圏はもちろん、東北・東海・関西地区に引き続き九州・四国・北海道にも営業所を立上げて、全国展開を計っております。

さらに充填前の検査から充填、品質検査、出荷までの工程を徹底して管理することで、高品質でスピーディな供給体制を整えています。今後は、すでに製造が始まっている亜酸化窒素(笑気ガス)『アネスタ』をはじめ、より多彩な医療用ガス供給において、首尾一貫した供給体制を整備していく計画です。

医療ガス供給:24時間年中無休のサービス体制を確立し、国内全域へ拡大しています。

医療用ガスの供給を始めて30余年間、24時間年中無休。
そのフィールドは全国主要都市へと広がっています。

首都圏をはじめ、北海道から九州にいたる
国内42ケ所の販売拠点を増設。

医療用ガスから、在宅医療、介護福祉機器へと、着実に広がりを見せる星医療酸器の事業分野。しかし、これからどのような事業を手掛けるにせよ、決して変わらないことがあります。

それは、24時間年中無休のサービス体制に象徴される「お役立ち」の精神。当社では、医療機関や在宅療法のご家庭など、関東・東北・東海・関西地区を中心に九州・四国・北海道まで8500に上るユーザーネットワークを築いていますが、この拡がりも創立当初から24時間体制を当たり前のこととして実行してきた結果なのです。

現在、医療用ガス業界では、医療制度改革などを受けて、より高い収益体質への変革などが求められておりますが、当社ではジャスダック証券取引所への上場など、いち早く経営の近代化に取り組み、業界をリードする販売サービス体制を確立しています。さらに今後はいっそうの拠点拡充を図り、より多くの期待にお応えしていく努力を続けてまいります。

医療用ガスメンテナンス

「24時間365日自社配送・即対応」が信頼されガス納入先全てに実施しているメンテナンス。
さらに評価され、医療用ガス供給設備の企画、設計、施工も多く受注しています。

詳細ページへ