QOLの追求

多彩なサービスで、「生活の質」の向上に貢献しています。

35年以上にわたる医療用ガスの提供サービス。その中で私たちは、常に「命」と「暮らし」に真正面から向き合い、患者さまの健やかな暮らしの実現に貢献してきました。

星医療酸器がサービスを提供しているのは、全国9,000件にものぼる病院や医院、そしてご家庭。しかし、私たちが誇るのは、単に取引先の数の多さばかりではありません。
酸素をはじめとする医療用ガスを必要とする患者さま、そして患者さまのために病院や医院で治療に携わる方々。私たちのサービスは、こうした人々のために、いついかなるときにも提供できなければならないと考えています。
あくまでも患者さまの視点に立脚する「医療用ガス」「在宅医療」「介護福祉機器」「メンテナンス」の4分野。星医療酸器は、これらの事業によってより健やかで豊かな暮らしの実現に貢献しています。

QOL(Quality of life)とは

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは、「生活の質」と訳され、医療現場においては、患者さまの生活機能ができるだけ維 持され、人間らしい生活や自分らしい生活を続けられることの概念を指します。
1960年代までの医学リハビリテーションや介護福祉では、ADL(日常生活動作)が意味する、歩行、食事、衣服の着脱、 洗面、入浴、排便など、日常生活における身辺動作の回復や介助という点のみが目指されてきました。
しかし、70年代のターミナルケアや障害者の自立生活運動などの領域で、ADLのみに注目するのではなく、身辺自立が できなくても他人の介助を利用して患者さまの望む「生活の質」を確保することに目が向けられるようになりました。 高齢者福祉においても、生きがいや豊かさ、幸福感といったQOL向上の援助が求められています。